読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見るバックレの田舎者ブログ

東北の田舎から上京してきたバックレが日常の出来事や読んだ本から学んだことをいろいろ書きます。田舎LOVE人間です。ビジネス本をよく読む。夢を持って生きているし、夢に向かって頑張る人を助けたい。

「出世しても仕事増えるし出世はしたくない」とか言うやつは「出世したくない」んじゃなくて「できない」。

突然ですが周りにいませんか?

 

「俺は出世は別にいいかな~。だって出世しても責任だけ増えて、仕事大変になるだけでしょ?」って言うやつ。

 

これ聞くと個人的には「お前何様やねん!」って思います。笑

 

僕は上を目指したい

「出世したくない」という人には2通りの人しかいません。 

 

・出世できるだけの能力があるけど、出世には興味がない

 

・そもそも出世できるだけの能力がないのに、出世したくない

の2種類です。

 

後者は文にするとわかりますが、なんかダサいですね。笑

 

勝負の後に「実は今日40℃の高熱で体調悪かったんだよね~」って言うのと同じじゃないです。

 

バックレはサラリーマンやっているんだから、出世して役職を名刺に刻んでドヤ顔したい!派の人間です。出世して「ま、出世がすべてがじゃないからね~」と言いたいです。

 

軽いノリで「俺割と出世したいんだよね」と言うと、周りの人に「意識高いな~」とか「頑張ってね~」とか言われます。

 

そして「自分はそこまで出世欲は ないかな~」って言うよね。で、そういうこと言う人の思考を分析してみたわけです。

なぜ出世したくないとか言うのか

 学生時代、テスト当日に飛び交うこんな言葉がありました。

 

「全然勉強してないわ~。多分、テストダメだわ~」

 

これ言っておけば、成績が良くても悪くても大丈夫みたいな謎の信頼感がある言葉です。

 

これを言う人の思考はだいたい以下の通りです。

「勉強して成績良くないと、周りから責められるかもしれないし、頑張ったのにできないとかかっこ悪いしなぁ・・・」

 

結局、うまくいかなくて責められないように保険をかけているんですよね。

 

気持ちはすっごいわかる!バックレもそうだったし!笑

 

目標は言いにくいからこそ宣言するべき

誰だって、「できます!やれます!頑張りました!」って言うのは期待値を上げるみたいで言いたくないですよね。

 

でも言いにくいことをあえて言う、つまり周りに宣言することで強制力がはたらきます。

 

ももう一つの方のブログで1週間毎日更新すると宣言して、なんとか達成しました。

 

1週間毎日ブログを更新して、気付いた3つのこと。 - 勇往邁進!バックレブログ

 

これもツイッターで宣言してなかったら絶対達成していなかった・・・

 

出世とブログ更新は難度とかは単純に比べられないかもしれませんが、

 

宣言する⇒達成に向けて行動する(せざるをえない)!⇒紆余曲折を経て達成!

 

って流れが確実なんだと思います。

 

『出世を目標にするんじゃない!結果を出せば、出世のチャンスは後から降ってくる!』

 

という声が聞こえてきそうですが、その通りだと思います。

 

僕が言いたいのははじめから逃げ腰で仕事しているようなやつには、いい仕事はできないんじゃないかなということです。

 

上を目指して努力する姿はかっこいいです。

 

僕自身もそんなかっこいい自分を体現したいと思います。

 

よっしゃ頑張るぞ!

 

では、また!