読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見るバックレの田舎者ブログ

東北の田舎から上京してきたバックレが日常の出来事や読んだ本から学んだことをいろいろ書きます。田舎LOVE人間です。ビジネス本をよく読む。夢を持って生きているし、夢に向かって頑張る人を助けたい。

Bakkure unlimited

お久しぶりです!バックレです!

 

最近はブログからちょお~っと離れちゃってました笑

継続することの難しさをひしひしと感じています。

 

さて、バックレは昨日仕事でまた一つ限界を超えることができました!

 

「これ一日じゃ厳しいな・・・もっと早くから手をつけていればよかった・・・過去の俺、なにやってくれてんの・・・」

とかなり絶望的な状況に陥っていました。

 

まぁ全部、自分のせいなんですけどね!笑(未来の自分を助けよう!とかいう記事を書いていながらこの体たらく)

 

結果としては、4時間くらいでなんとかなったんで、この出来事は深く印象に残りました。

 

「限界だと思っていたことは実は限界ではない。限界は自分の頭の中で勝手に作り上げているだけだ。」

 

と改めて感じました。

 

この考え方ができたのは最近読んだ本の影響を受けたっていうのもあります。

 

 

限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法

限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法

 

 

元陸上選手の為末さんの本です。為末さんの本は初めて読んだですが、現役時代からよく考えながら走っていたんだなぁと思わせくれる一冊です。

 

昔は限界だと思われていたことも、一人でも限界を超える人が出てくると、それに呼応して、どんどん限界が破られていくそうです。

 

日本人が100m10秒の壁を越えられない理由についても、身体的なこともあるのでしょうが、「10秒を目標にしているから」という為末さんの言葉にもなるほど!と思いました。

 

ボルトなどはただひたすら速く走ろうとしていて、記録なんて見ていないから、規格外のタイムが出るというメンタル的な部分での話がおもしろかったです。

 

よく言われる「サーカスの像」の例も、読むと確かに~とか思いますけど、自分がそういう状態になっているとはなかなか気づかないんですよね。

 

限界なんてない!アンリミテッドだ!というのが、しばらくバックレの流行語になりそうです笑

 

どうでもいいですが、アンリミテッドつながりで kindle unlimitedを始めてみました笑

 

感想はまた、そのうち書きたいと思います。

 

では、また!